>>

バイナリーオプションの税金について詳しくまとめました

バイナリーオプションの税金はかかる

バイナリーオプションでの出た利益に対して、税金を払う必要があるのかどうかいついてですが、これは税金を払わなくてはなりません。

バイナリーオプションは投資です、立派な仕事であり、お金を手に入れる為のツール、そして、投資で得たお金に対して、税金は支払う義務があります

国内バイナリーオプションの税金について

国内バイナリーオプションは経費が認められますので、損益、経費を差し引いた上での、利益分の一律20%が税金として課せられます。

例えば、1年を通して、全ての純利益が年間1000万円に達した場合、税金は200万円支払わなくてはならない計算になります。

給与所得者で確定申告が必要な人

給与等の収入金額が2,000万円以下である給与所得者は、1か所から給与等の支払を受けており、その給与について源泉徴収や年末調整が行われる場合において、給与所得及び退職所得以外の所得金額の合計額が20万円以下であるときは、原則として確定申告を要しないこととされています。

しかし、この規定は確定申告を要しない場合について規定しているものであり、確定申告を行う場合にも、この20万円以下の所得を申告しなくてもよいという規定ではありません。

したがって、給与所得及び退職所得以外の所得金額の合計額が20万円以下であることにより、給与所得者が確定申告を要しない場合であっても、例えば、医療費控除の適用を受けるための還付申告を行う場合には、その20万円以下の所得も併せて申告をする必要があります。(所法121)

損益を最大で3年間繰り越す事が可能

損益を最大で3年間、繰り越せる事が可能になりました。

繰り越しの意味が少し分からない方に、簡単な説明をさせて頂きます。

例えば、2012年に100万円の損益が出たとして、2013年には、200万円利益が上がると、普通に考えれば、2012年は損益しか出ていませんので、税金はゼロですが、2013年は、200万円の利益を上げているため、その20%と考えると、40万円の税金を2013年分として支払わなければなりませんが、3年間の繰り越しが認められているため、2012年の100万円の損益を差し引いた上での、税金対象となるのです。

つまり、-100万円+200万円×0.2=20万円となります。
本来の計算からすれば40万円の税金の支払いとなりますが、このように過去の3年間分野損益を合わせて計算することにより、税金の調整が可能なのです。

海外バイナリーオプションの税金について

海外バイナリーオプションの税金に関しては、先ほど説明した国内バイナリーオプション、FX、株式投資とは少し違います。

海外バイナリーオプションの利益が出た場合の税金は、総合課税となります。

総合課税とは、他の所得と合わせて税金の金額を出す方法です。
ですので、サラリーマンの方ですと、給与所得と海外バイナリーオプションで得た利益を合わせたものに税金がかかってきます。

所得金額税率控除率
195万円以下5%0円
195万円~330万円以下10%97,500円
330万円~695万円以下20%427,500円
695万円~900万円以下23%636,000円
900万円~1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円~4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

海外バイナリーオプションで利益を得た方は、給与所得と投資の利益をあわせてこのように税金がかかってきます。

ご自身の税金のところはチェックしておきましょう。

バイナリーオプションで利益を上げた際の税金対策まとめ

1バイナリーオプションで得た、年間の利益分に対する税金は課せられます。利益分の税金の申請をしなくてはなりません。
2バイナリーオプションで得た、利益は、税金対象です。1年間で得た利益-経費を差し引いた総利益に対する税金が課せられ、その税金の料金は、総利益に対する一律20%
3バイナリーオプションで得た利益に対する税金は3年間繰り越す事ができるので、過去3年間の損益を差し引いた上での税金の申請が可能ですので、税金の調整時にはとても便利です。
4ネッテラーの口座から引き出さなければ、税金対象とはならない場合が多い。
※現在ネッテラーは使えません。