>>
ハイローオーストラリア公式

バイナリーオプションの仕組みを国内業者と海外業者に分けてわかりやすく解説

更新日:2019/07/02

バイナリーオプションの仕組み

バイナリーオプションには大きく分けて「国内業者」と「海外業者」の2つがあります。どちらも同じものだと思ってしまいやすいのですが、実は国内と海外の業者では取引の仕組みが異なります。

日本には独自のバイナリーオプション規制があるため、国内に本社がある業者は規制に従う必要があり、海外の業者と同じような取引をすることができません。

  • 海外業者の仕組みが知りたい
  • 国内業者の仕組みが知りたい
  • それぞれのメリット・デメリット、注意点などが知りたい

上記の用に考えている方は、 バイナリーオプションの仕組みについて当ページで学べますので、是非最後までお読みください。

若い男性
バイナリーオプションて難しそうですよね。
海外業者と国内業者の仕組みは全く違うよ。
仕組みをきちんと理解してからバイナリーオプション取引を始めよう
バイナリー先生
この記事の要約

この記事では、海外・国内それぞれのバイナリーオプションの仕組みやメリット・デメリットを解説していきます。
下記リンクであなたが知りたい業者の仕組みまで飛びます。

海外バイナリーオプションの仕組み(下部スクロールします)

国内バイナリーオプションの仕組み(下部スクロールします)

海外バイナリーオプションの仕組み

まず、海外バイナリーオプションの仕組みについて見ていきましょう。
海外バイナリーオプションとは、海外に本社を置く業者が運営しているバイナリーオプションのことです。
ルール、判定時間、ペイアウト率の3つの観点から説明します。

海外バイナリーオプション業者の取引ルール

海外バイナリーオプション業者のルール

海外バイナリーオプションの基本的なルールは、判定時刻に今の為替レートから上がっているか、下がっているかを予測して購入するというものです。

予測が当たれば、購入金額の1.6~2.0倍程度の金額が払い戻されますが、予想が外れれば何も戻ってこないので、購入金額分を失ったことになります。

海外バイナリーオプションの特徴は、判定時刻と「今現在」の為替レートを比べていることです。後述する国内バイナリーオプションはここが異なるので、よく覚えておいてください。

判定時間

海外バイナリーオプション業者の判定時間

海外バイナリーオプションの判定時間は、最短で30秒です。
最短で30秒後の為替レートが今より上がっているか下がっているかを予想する取引ができるということです。

判定時間はトレーダーが自分で好きなように選ぶことができるので、30秒以外にも1分、5分、1時間など選択できます。国内バイナリーオプションの場合、このような短い判定時間では取引できません。

判定時間が長いと結果が出るまで落ち着かなくなってしまいますが、かといって判定時間が短すぎると誤差のようなレートのふらつきが結果を左右するので、予想しにくくなります。少額の取引を行って練習し、自分が得意な判定時間を見つけていくのが良いでしょう。

ペイアウト率

海外バイナリーオプション業者のペイアウト率

海外バイナリーオプションのペイアウト率は1.6~2.0倍に設定されていることが多いです。

判定時刻の為替レートが今現在より上がっているか下がっているか予測し、予測が当たれば購入金額の1.6~2.0倍のお金が払い戻されるというわけです。国内バイナリーオプションではここまで大きなペイアウト率にはなりません。

海外バイナリーオプション業者のペイアウト率と利益の関係

もし千円で購入したバイナリーオプションが当たり、ペイアウト率が2.0倍だった場合、2千円が払い戻されます。バイナリーオプションを買うのに1千円使っているので、1千円の儲けが出たことになります。

海外バイナリーオプションの仕組みは簡単ですね。更に詳しく海外バイナリーオプションについて知りたい方はこちらをご覧ください↓
バイナリー先生

国内バイナリーオプションの仕組み

次に、国内バイナリーオプションの仕組みについても見ていきましょう。
国内バイナリーオプションとは、国内に本社を置く業者が運営しているバイナリーオプションのことです。同様にルール、判定時間、ペイアウト率の3つの観点から説明します。

国内バイナリーオプションの取引ルール

国内バイナリーオプション業者のルール

国内バイナリーオプションの基本的なルールは、判定時刻に判定レートよりも上がっているか、下がっているかを予測して購入するものです。予想が当たれば1000円の払い戻しを受けられますが、予想が外れれば何も戻ってこないので、購入金額分を失ったことになります。

国内バイナリーオプションの特徴は、判定時刻の為替レートと「判定レート」を比べていることです。判定時刻と「今現在」の為替レートを比べる海外バイナリーオプションとは仕組みが異なります。

判定時間

国内バイナリーオプション業者の判定時間

国内バイナリーオプションの判定時間は最短2時間で、海外バイナリーオプションよりも長く設定されています。海外のように最短30秒などの短時間の取引を認めるとギャンブルのように熱くなってしまうトレーダーがいるため、国内の規制で最短2時間と決められています。

最短2時間なので、バイナリーオプションを24時間取引することができても、12回までしか取引できません。最短30秒で取引できる海外バイナリーオプションと比べると、かなり機会を失っているように感じられますよね。

ペイアウト率

国内バイナリーオプション業者のペイアウト率

国内バイナリーオプションのペイアウト率の計算は、非常に複雑なことになっています。予想が当たった場合の払い戻し額は1000円と決まっているのですが、購入金額の方が変動するので、ややこしくなっているのです。

判定レートと現在のレートが離れていると、判定レートを達成するのが難しいと考えられるため、難易度が高い取引となり、購入額が低くなります。逆に、判定レートと現在のレートが近い場合、判定レートを達成できる可能性が高いと考えられ、難易度が低い取引となって購入額が高くなります。

どのような難易度のバイナリーオプション取引でも、払い戻し額は1000円と固定されています。したがって、判定レートと現在のレートが離れているほどペイアウト率が高く、両レートが近いほどペイアウト率が低いと言い換えられます

国内バイナリーオプションは規制が入って前ほど稼ぎにくくなったけど、安心安全に取引できるところがいいですね。
国内バイナリーオプションについて詳しく知りたい方はこちらを御覧ください↓
バイナリー先生

海外バイナリーオプションのメリット・デメリット

海外バイナリーオプションのメリットとデメリット

海外・国内バイナリーオプションの仕組みが分かったところで、両者のメリット・デメリットについての解説に移ります。海外は稼ぎやすい特徴がある一方、信頼できない業者が紛れているといった業界の問題があります。

海外のメリット①ルールが分かりやすい

1つめのメリットは、取引ルールが分かりやすいことです。今現在と判定時刻の為替レートを比べ、上がっているか下がっているかを判定するだけなので、海外バイナリーオプションの方がルールが分かりやすいです。

国内バイナリーオプションのルールは上記で説明しましたが、判定時刻の為替レートと判定レートを比べるという内容が、腑に落ちない方もいるのではないでしょうか。国内バイナリーオプションはルールがややこしいので、分かりやすいルールを求めるトレーダーには不向きです。

また、海外バイナリーオプションは予想が当たったときの儲けの計算も簡単です。ペイアウト率が〇倍と分かって購入するので、予想が当たればお金が〇倍になり、▲円の儲けになる、とすぐに計算できます。取引ルールや払い戻しのルールが分かりやすいのが、海外バイナリーオプションのメリットの1つです。

海外のメリット②短時間で結果が分かる

最短30秒で取引の結果が分かるので、海外バイナリーオプションに対してスピードくじのような感覚を持つ人もいるほど。判定時間は自分で選ぶことができますが、短い方が結果がすぐに分かるので、結果を待っている間のストレスがありません。

加えて、1日に何度も取引することができるので、バイナリーオプションで儲けられるチャンスが多いということになります。毎回エントリーしなくても、チャンスが来るまでじっくり待って、ここぞというポイントだけエントリーする、といった方法でも勝つことができます。

また、副業トレーダーをはじめ1日中バイナリーオプションの取引ができるわけではない人も大勢いますよね。バイナリーオプションの取引ができる時間が短い人でも、海外バイナリーオプションなら短時間で何度も取引することができるので、儲けるチャンスがたくさんあるのです。

海外のメリット③変動幅が小さくても儲けられる

国内バイナリーオプションやFXは、為替レートの上がり幅によって得られる利益が異なります。相場が大きく動くほど儲けることができますが、小幅な値動きのときは儲けにくいというわけです。

しかし、海外バイナリーオプションは変動幅に関係なく儲けることができます。例えば1ドル=100円のとき、ペイアウト倍率2.0で「HIGH」を1万円で購入した場合を例に、ペイアウトを計算してみましょう。

海外のペイアウト
  • 判定時刻に1ドル=110円⇒1万円の利益
  • 判定時刻に1ドル=102円⇒1万円の利益
  • 判定時刻に1ドル=101円⇒1万円の利益
  • 判定時刻に1ドル=100.1円⇒1万円の利益
  • 判定時刻に1ドル=100.01円⇒1万円の利益
  • 判定時刻に1ドル= 99.99円⇒購入額1万円の没収(1万円の損失)
  • 判定時刻に1ドル= 99.90円⇒購入額1万円の没収(1万円の損失)
  • 判定時刻に1ドル= 99円⇒購入額1万円の没収(1万円の損失)
  • 判定時刻に1ドル= 98円⇒購入額1万円の没収(1万円の損失)
  • 判定時刻に1ドル= 90円⇒購入額1万円の没収(1万円の損失)

このようなペイアウトになります。判定時刻に1ドル=110円になった場合と1ドル=100.01円になった場合とを比べると、いずれも1万円の利益となります。為替の変動幅が小さくても儲けられる、海外バイナリーオプションの特徴が表れています。

逆もしかりで、1ドル= 90円になった場合と1ドル= 99.99円になった場合とを比べると、為替の変動幅に関係なく同じ損失になります。

海外のデメリット①リスク管理できない人には不向き

バイナリーオプションは冷静な分析に基づいて取引するから利益を出せるのであって、ギャンブルのように当てずっぽうでは利益を出せません。これは国内でも海外でも同じですが、海外の場合は判定時間が最短30秒と短いので、一度熱くなってしまった人は国内バイナリーオプションよりも損失を重ねやすいです。

海外バイナリーオプションは、リスク管理ができない人には不向きです。リスク管理とは損失を抑えるために自制することで、一度に購入する金額に上限を設けるといった自分なりのルールの設定です。バイナリーオプションはトレーダーが1人で取り組むものなので、自分のメンタルをコントロールするルールを守れない人には、海外バイナリーオプションは向いていないでしょう。

海外のデメリット②日本語でサポートが受けられない場合も

海外バイナリーオプション業者は海外に本社を置いているため、問い合わせをしても日本人のスタッフがいなく、日本語でのサポートを受けられないことがあります。英語が堪能で英語でのトラブル解決に自信があるなら別ですが、基本的には、日本語でのサポートを受けられる業者を選ぶことをおすすめします。

もちろん、海外バイナリーオプション業者でも日本人スタッフが常駐しているところもあります。万が一の際、トラブルを日本語で解決できるように日本人スタッフが在籍している業者を選びましょう。

日本人スタッフを雇っている場合、業者の公式ホームページに書いてあることが多いです。応対可能な時間も掲載されているはずなので、サポート対応して貰える時間は長く確保してあるのか、電話番号は国内電話か国際電話か、なども確認しておきましょう。

海外のデメリット③悪質な業者が紛れている

大手の海外バイナリーオプション業者は本社がある国で金融ライセンスを取得していることが多く、信頼のおける業者は多数存在します。一方で、金融ライセンスを取得できずに営業している業者もあり、その中には悪質な業者もいるのです。

具体的なトラブルとしては、入金はスムーズだったのに出金ができなかったり、出金するための条件が異常に高くて現実的に出金できなかったりと、出金トラブルが多く挙げられます。悪質な業者はトレーダーからお金を騙し取る目的のため、入金はできても出金しづらいケースが多いです。

このような悪質業者を避けるため、海外バイナリーオプションの口座を開設する前に、使いたい業者が信用できるのか調べるようにしてください。金融ライセンスを取得しているか調べていただきたいのですが、ライセンスが無い業者はおすすめできません。

国内バイナリーオプションのメリット・デメリット

国内バイナリーオプションのメリット・デメリット

海外のメリット・デメリットを解説したので、次は国内バイナリーオプションのメリット・デメリットについて解説していきます。海外に比べると国内の業者は安全性が高いのですが、ルールが複雑で難しいという特徴があります。

国内のメリット①安心して取引できる

国内の業者は金融庁から認可されているので、トレーダーのお金を騙し取ろうなどといった悪質業者はいません。どの業者に登録しても安全に取引できることが、国内バイナリーオプション業者を使う最大のメリットです。

さらに、国内のバイナリーオプション業者は金融庁から厳しい規制を受けています。これが後述する複雑さの原因ともなっているのですが、一般のトレーダーがギャンブルに走らないよう、コントロールする仕組みが整っている、と言い換えられます。

国内のメリット②変動幅が大きいほど儲けられる

国内バイナリーオプションは海外のそれと異なり、FXに似たような性質があります。つまり、為替レートの変動幅が大きいほど儲けられる性質です。

これは、予想が当たった場合に払い戻されるのは1000円と決まっているのですが、判定レートが現在のレートからどれだけ離れているかによって購入金額が変わるためです。判定レートが現在のレートから離れているほど購入金額が安くなるので、予想が当たって1000円の払い戻しを受けたときの儲けが大きくなるのです。

ただし、為替レートの変動幅の予測を当てるのは難しいです。変動幅の大きい判定レートで取引するのは、特に初心者にはおすすめできません。初心者にはアップ・ダウンの二択で取引できる海外バイナリーオプションの方がおすすめです。

国内のメリット③税制上はメリットが大きい

バイナリーオプションの利益にも税金がかかりますが、国内の業者を使った場合は「申告分離課税」となり、20.315%の税率となります(所得税、住民税、復興特別所得税)。

一方、海外の業者を使った場合は一般的には総合課税で雑所得の括りとなります。給与所得などと通算して所得税・住民税がかかるので、所得税は累進課税で税率が高くなってしまうことがあります。税制上は国内バイナリーオプションの方が得な人が多いです。

国内のデメリット①判定時間が最短2時間と長い

海外バイナリーオプションの判定時間が最短30秒と短いのに対し、国内は規制によって最短2時間の判定時間となっています。海外に比べると非常に長い判定時間であることが分かります。

2時間後まで結果が分からないので、結果が気になって仕事が手につかないといった弊害もあるでしょう。長い判定時間を待っているのが苦手な人は、海外バイナリーオプションを利用した方が良いかもしれません。

また、判定時間の長短は必ずしも取引の難易度と関係があるわけではありません。相場の状況によって30秒の方が難しいこともあれば、2時間の方が難しいこともあります。したがって、国内で判定時間が2時間と規制されているからといって、2時間のバイナリーオプションなら簡単に儲けられるというわけではありません。

国内のデメリット②ルールが分かりにくい

上述したように、国内バイナリーオプションのルールは複雑です。あらかじめ「判定レート」を選んでバイナリーオプションを購入し、判定時刻が来たらそのときの為替レートと判定レートを比較するというものです。今現在の為替レートと判定時刻の為替レートを比較する海外バイナリーオプションに比べ、ややこしいルールですよね。

さらに国内バイナリーオプションは値動きの幅によってペイアウト率が変わります。購入金額が変動してしまうので、予想を当てれば何%の儲けになるのかが分かりにくいです。国内は規制によって海外よりもルールが複雑になってしまったため、バイナリーオプション初心者が始めにくくなってしまいました。

国内のデメリット③通貨ペアが少ない

バイナリーオプションは為替レートの変動を基に取引するものなので、通貨ペアが必要です。

海外バイナリーオプション業者の場合、5~20の通貨ペアに対応しており、業者によっては金、銀、株価指数、原油なども取り扱っています。ところが、国内の業者は4~7つの通貨ペアにしか対応していないことが多く、通貨ペアの選択肢が少ないです。

ドル円、ユーロ円のように主要な通貨ペアは国内の業者でも取引できますが、参加者の少ないマイナーな通貨を使って取引したい上級のトレーダーには物足りないですよね。豊富な通貨ペアから取引するものを選びたい人や、さまざまな通貨ペアで取引したい人には、海外バイナリーオプションをおすすめします。

国内・海外どっちを選べばいい?

国内業者と海外業者どっちを選べばいい?

国内・海外のバイナリーオプション業者は、いずれもメリットとデメリットがあることが分かりました。

それでは、トレーダーはどちらの業者を選べば良いのでしょうか?それぞれの業者はどんな人に向いているのか、見ていきましょう。

短時間で大きく稼ぎたい人

利益重視でバイナリーオプションに取り組むなら、海外の業者をおすすめします。

判定時間が最短30秒と短いので、1日でたくさんの取引をすることができます。勝率が高ければどんどん利益が積み上がっていくので、短期間でも大きく儲けることが可能です。

ただし、海外バイナリーオプションのデメリットでも挙げたように、一回の取引に使う金額の上限を決めておくといったリスク管理は重要です。短期間で大きく儲けることができるということは、裏を返せば短期間で大きなお金を失う可能性もあるので、リスク管理を徹底してください。

本業が忙しくて取引できる時間が限られている人

サラリーマンや主婦など日中は別の仕事があり、時間があるときにバイナリーオプション取引をしたい人もいますよね。そのような方は、海外バイナリーオプションの方がおすすめです。

海外バイナリーオプションの判定時間は30秒や1分など短いので、限られた時間でもたくさん取引をすることができます。短時間でも稼ぐチャンスが増えるということなので、忙しい人には海外バイナリーオプションが向いています。

逆に国内バイナリーオプションの場合、判定時間が最短2時間なので、24時間バイナリーオプションに取り組めたとしても12回しか取引ができません。忙しくて時間が取れない人にとっては儲けるチャンスが少ないので、国内バイナリーオプションで儲けるのは難しいと言えます。

儲けよりも安全を優先したい人

安全性を重視したいなら、国内のバイナリーオプション業者をおすすめします。国内の業者は金融庁から認可を受けており、法令を守っているので安心して取引することができます。

一方、海外の業者は金融ライセンスを取得していないケースもあり、悪質な業者も多く紛れています。出金トラブルなどに見舞われる人は、海外のライセンス未取得の業者で取引してしまっていることがほとんどです。

ただし、海外の業者でも金融ライセンスを取得している業者は多く存在します。安心して取引できる業者もあるので、海外バイナリーオプションで取引したい人は業者のライセンス取得状況を調べてから登録しましょう

FXと同様に取引したい人

FX経験者にとっては、為替変動の値幅によって利益が変わる国内バイナリーオプションのルールの方が馴染みがあるでしょう。国内の業者で取引した方が、FXの経験を活かせるのでおすすめです。

ですが、FX経験者だけど違うルールに挑戦してみたい!といった人や、FXで失敗してしまったから違う取引を探している、といった人には海外バイナリーオプションをおすすめします。海外バイナリーオプションはFXとは異なり、為替レートの変動幅が大きくても小さくても儲けることができる取引なので、面白く感じられるでしょう。

バイナリーオプションの仕組みまとめ

海外・国内のバイナリーオプションについて解説してきました。海外の方が稼ぎやすい仕組みになっていることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

一方で、業者の信頼性は国内の方が優っています。
仕組みをしっかり理解して大きく儲けるために海外の業者を使うのか、安全性を重視して国内の業者を使うのか、検討してみてください。

バイナリーオプションおすすめ業者一覧

ハイローオーストラリア
会社概要ハイローオーストラリア
口座開設無料/最短10分
取引内容ハイロー・短期・転売
最低入金額5,000円
取引金額最低/最高バイナリーオプション取引額:1.000円/200,000円
ペイアウト率最大200%

ジェットオプション

ジェットオプションの魅力5選
会社概要ジェットオプション
口座開設無料/最短2分
取引内容ハイロー・短期(1.80倍以上で業界最高水準)
最低入金額10,000円
取引金額100円から取引可能
評価短期取引で23.00倍以上のペイアウト率(業界トップクラス)

トレード200

トレード200の魅力5選
会社概要トレード200
取引内容ハイロー・短期
最低入金額20,000円
取引金額500円から取引可能
ペイアウト率最大200%
ネッテラー決済導入済み

バイナリーオプション国内業者情報

バイナリーオプション国内業者比較
バイナリーオプション国内業者比較

バイナリーオプション国内業者情報を比較する為のページとなります。国内で活動を行うバイナリーオプション業者の各サービス内容をチェックする事ができますので、そちらの情報も気になるという方は是非、国内情報についても調べてみて下さい

バイナリーオプション初心者向け情報

バイナリーオプション初心者
バイナリーオプション初心者

バイナリーオプション初心者向けに管理人がオススメしている海外業者を紹介しています。バイナリーオプション初心者の方は是非、参考にしてみて下さい。その他にも、初心者向けの取引方法や攻略法などもご覧になる事ができるので、最後まで是非、お読みください

バイナリーオプションのデモトレードを利用する方へ

バイナリーオプションのデモトレード
バイナリーオプションのデモトレード

バイナリーオプションのデモトレードを使ってまずは取引を体験したいという方へ、無料でデモトレードを提供している海外バイナリーオプション業者の情報を、こちらのページで確認してみはいかがでしょうか?まずは実践して、バイナリーオプションの取引を練習してみましょう

コメント・お問い合わせはこちら

お問い合わせの多い場合、返信が遅れることがあります。
お問い合わせの内容によっては返信をしない場合があります。
専門知識が必要なものは専門知識のライターの方に答えてもらうため返信が遅れますのでご了承ください。